目の疲れをとるマカ

パソコン、インターネットが普及した現代社会において、目の症状として最も代表的なものが「眼精疲労」ではないでしょうか。パソコンの前に座って、長時間同じ視点で作業する場合に眼精疲労は起こります。短くても定期的に目を休ませることが大切です。それでもどうしても眼精疲労が治らないという人には、マカはとても助けになってくれます。

 

人間の目にある網膜の内部には、紫色をしているロドプシンという色素があり、光を受けたときに、このロドプシンが脳に見えるという信号を送ります。しかし、このロドプシンは、加齢であったり、長い時間目を酷使しているうちに分解されながら消滅していってしまいます。ロドプシンの働きが悪いと目がチカチカしたり、視界が霞んでしまいます。そのため、疲れ目の予防、改善にはロドプシンの働きを正常に保つことが必要になってきます。

 

このロドプシンの再生に最もよいといわれる成分があります。それがアントシアニンです。アントシアニンを摂取してから24時間で、消滅するのですが、その時間をフルに使ってロドプシンの再生を助けるという即効性があります。ブルーベリーが含有量の多いことで有名ですが、実はマカにもこのアントシアニンが多く含まれています。

 

また、眼精疲労によって現れる症状のひとつに肩こりがあります。慢性的な肩こりなどの疲労回復にすばやく効果があるのは、アスパラギン酸です。アスパラギン酸はカリウムやマグネシウムと結び付き迅速に疲労回復につながりますが、マカにはこのカリウムやマグネシウムが豊富に含まれています。