アンチエイジングといえばマカ

年を取ると誰でも肌のハリがなくなったり、体力が落ちてきたり、白髪が目立つようになります。しかし、同じ年でも若々しく見える人と、老けて見える人がいます。この差は一体どうしてなのでしょう。もちろん生活習慣や遺伝的なもの、病気の影響などいろいろと考えられますが、体にとってアンチエイジングに大きく影響するのが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンは古い細胞を新しくする作用があり、成長期に最も多く分泌されます。しかし、年を取るとともにその量はどんどん減少してしまい、老化の原因にもなっています。

 

そこで、今アンチエイジングとしてマカが注目されています。

 

成長ホルモンを増やすには、アルギニン酸を摂取することが必要になってきます。アルギニン酸はタンパク質を構成しているアミノ酸のひとつです。17種類のアミノ酸が含まれているマカには、このアルギニン酸が豊富に含まれています。

 

豊富なアルギニン酸を含んでいるマカを飲むことによって、脳から分泌される成長ホルモンが、皮膚の活性化を促し、新しい皮膚細胞を生み出す力を増進させる働きがあるので、女性にとって肌のアンチエイジングには効果的です。

 

また、マカには、ビタミンEが豊富に含まれています。老化を予防したい人、物忘れの多い人、更年期障害を防止したい人、疲れやすい人、冷え性、しもやけ、肩こり、シミやシワを防ぎたい人、ストレスの多い人にとっては、欠かすことのできないビタミンです。

 

美肌効果だけでなく、骨や血管、筋肉に対しても働きかけて、体の内側からも外側からも若々しく健康的な状態にしてくれます。