更年期の諸症状にマカが効く!

 

更年期障害というのは、男性にも女性にも起こる障害です。ホルモンバランスの乱れなど肉体的要因からくるものや、精神的要因、ストレスや疲れなどからくる環境要因などさまざまです。

 

女性の場合更年期は、だいたい50歳前後で訪れます。女性ホルモンは20〜30代に最も多く分泌され、40代に差し掛かると急激に女性ホルモンの分泌が減っていきます。そして、閉経を迎えます。更年期障害は、主に女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れによって起こることが多いようです。

 

男性の場合の更年期障害の多くは、環境的要因が大きく影響しているようで、仕事が忙しくて疲れがなかなか取れなかったり、ストレスが溜まりやすい環境に長くいたりするために起こります。

 

更年期障害の症状を改善したり、予防するには、こうした疲れやストレスをため込まないことが大切ですが、現代社会ではこういった生活を送るのは不可能といってもいいでしょう。

 

マカには、疲れを取るアスパラギン酸という成分や、ホルモンバランスの乱れを予防するビタミンB1が含まれています。マカに含まれる成分の中でもビタミンEは、ホルモンの生成にかかわっているので、特に更年期障害に効果を現します。

 

マカにおすすめのサプリはこちら⇒男性のためのマカサプリ

 

またカルシウムはイライラなどの神経の高ぶりや精神的な不安を抑える作用があり、ホルモン分泌の調整役もしてくれます。また、女性にとって怖い骨粗鬆症の予防にも一役買ってくれます。

 

マカは、ホルモンをはじめとして更年期障害を引き起こすいろいろな原因に働きかけてくれます。